さくらんぼ狩りとさくらんぼ通販|北海道

大橋さくらんぼ園の詳細はこちらからご覧下さい

さくらんぼ狩りカタログ(さくらんぼの品種一覧)
space
道内送料無料!その他の地域も1カ所のお届け先に15000円以上のお買い上げで送料無料となります。詳しくはこちらをご覧ください。
園主お奨め 「7月にオススメしたいさくらんぼ」
  • 「佐藤錦」 Sato-Nishiki ・・・ 7月中旬~
さくらんぼ「佐藤錦」
園主がオススメするワケはここにアリ
知らない人がいないほど日本を代表する品種です。
大正元年“ナポレオン“と”黄玉“を交配して育種され、昭和3年に「佐藤錦」と命名されてからおよそ80年間、さくらんぼのトップの座に君臨し続けてきたこの品種は甘さとコクのバランスが絶妙です。
早生(早くに熟す品種)ですので当園では1番最初にお送りできるさくらんぼです。北海道芦別の佐藤錦を是非一度ご賞味ください。
  • 「紅秀峰」 Beni-Shuho ・・・ 7月下旬~
さくらんぼ「紅秀峰」
園主がオススメするワケはここにアリ
1991年に品種登録された新しい品種で“佐藤錦”と“天香錦”を交配して育種されたものです。
佐藤錦よりやや大きく(佐藤錦は6~7グラム、紅秀峰8~9グラム)糖度が高く、酸味が少ないのが特徴です。
佐藤錦よりは栽培も難しく手間のかかるデリケートな品種なのですが、最近人気が急上昇しています。
色づきが普通のさくらんぼとちょっと違っており見た目は綺麗とは言い難い(糖度が高くなるにつれ実の表面が濃い赤色の斑になる)のですが味も食べ応えも最高です。
通常のさくらんぼより実が硬く輸送にとても適しています。あまり出回っていないので一度はご賞味いただきたい逸品です。
  • 「南陽」 Nanyo ・・・ 7月下旬~
さくらんぼ「南陽」
園主がオススメするワケはここにアリ
さくらんぼの王様「南陽」は昭和32年にナポレオンの自然交雑してそこから得た実生苗を育成したもので、1978年に登録されました。
当園では1980年頃150本ほど植え、今では30歳の成木となっています。
この南陽は1本の木からの収量が佐藤錦などより少なく、また栽培しづらい品種ではありますが品質的には色・艶・食感・糖度どれをとっても申し分なく、お中元ギフトなど贈り物として大変人気が高い品種です。
  • 「月山錦」 Gassan-Nishiki ・・・ 7月下旬~
さくらんぼ「月山錦」
  • 月山錦Q&A
  • 大橋さくらんぼ園直売所
  • 園主がオススメするワケはここにアリ
    原産國は中国ですが、今ではその中国にはこの樹は残っていません。
    また国内でも生産している果樹園が少ないため、見たことのない方も多いようです。
    一見すると黄色くて熟してないように思われるこの月山錦。でも食べてみるとビックリ!糖度がとても高く(最高で糖度28℃)、しかも酸味は殆どありません。
    甘すぎるほどに甘く酸味が殆どないため、甘党の女性の方々には大変人気です。ただ一つ、栽培する事がとても難しいのがこの月山錦の問題点。収穫量も普通の品種と比べて極端に少なく、毎年大粒でしかも糖度を高くするにはかなり苦労します。
    時期は限定されますが月山錦をさくらんぼ狩りで食べる事も出来るようになりました。また直売店でも数量限定で販売もしております。
    北海道にお越しの際には是非お立ち寄りください。
    • 2色セット〔A〕 ・・・ 7月下旬~
    2色セット〔A〕
    園主がオススメするワケはここにアリ
    さくらんぼの王様“南陽”とさくらんぼの女王“月山錦”のセット商品です。

    フェイスブックを活用してみんなで情報を共有しよう!アカウント登録方法はこちら

    container_bottom